試合に適応する力 ー いつもとは別のチームで試合をしてみよう

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

サッカー小僧たちを育成する中で、よく自分で考える選手が良い選手と言われますね。自分で考えるというテーマの一つに試合に適応する力があります。

 

コーチの指示を忠実に守る or 自分で考えてプレーする

普段のチームで試合へ行って、良いプレーが出来たとしましょう。

そのとき、良いプレーは自分で考えてプレーした結果でしょうか?それとも、コーチが良い指示、良いチーム作りをしていたので、良いプレーになったのでしょうか?

どちらかだけと言うことは無いにせよ、自分でどれくらい考えることが出来ているかわかりにくいですよね。

 

試合に適応する力をつけるための提案ーいつもとは別のチームで試合をしてみよう

いつもとは別のチームで試合をすると、当然、いつもとは別の動き方が必要になります。

  • いつもの場所でパスがこない
  • いつもの点取り役がいてくれない
  • いつもの声出し役がいてくれない
  • いつもの守備の要がいてくれない
  • 自分だけスキルがなさすぎる(or ありすぎる)
  • いつものようにサポートに来てくれない
  • ・・・などなど

強制的に自分の頭をフル回転させて、プレーを修正しなければならないので、良い訓練になります。

 

参加できる試合を見つけよう

サッカーチームのコーチは、当然ながら、別のチームに行っておいでとはまず言いません。参加できる試合を見つけるのは親にしか出来ない大切なサポートです。

参加できるパターンは、

  1. サマーキャンプ、サマースクールに参加する。
  2. 別のチームの体験練習に参加する。(毎回ゲームも行っているところ)
  3. 個人でエントリーして、即席のチームで試合を行うイベント。
  4. 親子サッカーのイベント。

があります。それぞれの見つけ方については、こちらを参考にしてください。

 


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。