データからどんなことを学べるだろうか

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

ワールドカップでの日本代表と他国のデータ

日経ビジネスONLINEに「コロンビア戦で見えた日本のパスサッカー最後の課題」という記事が掲載されていました。

パスやシュートの成功率などのデータが掲載されています。

そのようなデータから何かを学ぶには、どうしたらいいのでしょうか。

ポイントは、「データ→特徴→妄想→検証→発見!」です。

前述の記事の4ページ目からデータを一部引用します。

ベスト16 シュート枠内率ランキング
シュート枠内率ランキング

決勝トーナメントに進んだ国の平均と日本とのシュートデータ比較です。

さらにこのデータを、シュートした場所がペナルティエリアの内側・外側で分け他ものがこちら

エリア内
シュート枠内率ランキング(ペナルティエリア内)

エリア外
ュート枠内率ランキング(ペナルティエリア外)

データを見たら、特徴的なところを見つける

他の国と比べると、

  • シュートが多いのにゴールが少ない
  • エリア内で枠内を捉えられなさすぎ(他国の約半分)
  • エリア外でブロックされすぎ(他国の約2倍)

という弱点が見えてきます。

一方、エリア外のシュートで枠外へ行く確率は他国の約半分というポジティブな面も。

 

特徴をみつけたら、妄想をしてみる

この結果を見ると、妄想レベルですが次のような推測ができます。

  • エリア内シュートはとにかく下手。
    人が密集しているときのシュートが下手だから?
    体格的にあたり負けしてしまうから?
    早い攻撃が出来ず敵の守備が準備万端だから?
  • 比較的スペースがあるエリア外では、ボールはきちんと蹴れている。
    でもブロックされまくり。
    きちんと蹴りすぎ、読まれやすいから?
    シュート以外で相手にとって怖い選択肢がないから?
    早い攻撃が出来ず敵の守備が準備万端だから?

 

妄想をしたら、改めて試合を見てみる

妄想したことは正しかったか、妄想したときに考えていなかった様なシーンはないか・・・

妄想後に改めて試合を見ると、新しい発見があるはず。

妄想を妄想のままで終わらせないように…

 

まとめると

データ→特徴→妄想→検証→発見!



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。