コーチの指示は助言であって命令ではない

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

子どもがコーチの指示をどう捉えているか

サッカーチームではコーチが子どもたちに色々な指示をします。

その捉え方は子どもそれぞれでしょう。

全然聞いていない子もいれば、指示通りにすることに必死になる子も。


我が家の小僧は日本とカナダで今まで多くのコーチと出会いゲームをしてきました。

ある時、小僧は「日本のコーチは○○というけど、カナダのコーチは××というからどうすれば良いか分からない」と言いました。

 

コーチの指示は助言、判断は自分で

「日本のコーチは○○というけど、カナダのコーチは××というからどうすれば良いか分からない」という発言から判るのは、

いままで指示通りに動き、自分の判断で動いてはいなかった

ということです。

これは非常に大事な発見でした。

どんなに良いプレーが出来る選手でもそれが自分で判断したものでなければ、どこかで成長がストップするのは眼に見えています。

 

「サッカーに絶対正しい選択はない」というのはサッカー協会の指導者講習会でも語られる定説です。

 

コーチがどんなことを指示しても、最終的にプレーをどう選択するかは自分の判断しろ。それが上手く行くかどうかでサッカーを覚えて行く。

我が家の小僧にはこのように教えました。

 

コーチによって指示が違った時、

・どうしていいかわからない

ではなく、

・いろんな助言をもらえた

と捉えられるようになるといいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。