ボール際の勝負では、足が浮いたらアウト!

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

ボール際の勝負ポイントはへその高さ一定

ドリブルで相手を抜こうとするときや、

ドリブルしてくる相手を止めようとする

ボール際の勝負では、足が浮いたらアウト。

(もちろん、浮き球の競り合いは別)

 

足が浮けばその瞬間に動いている方向を変えられなくなる。

そうすれば相手の素早い動きにやられてしまいます。

 

だから、

靴はいつも地面に近く、必要とあらばすぐに地面に力を加えられる場所を動くのが理想です。

そのために分かりやすいポイントは、へその地面からの高さはいつも変わらずに動くようにすること。

普通の子は意識しなければ地面を足で蹴ったときにへその位置が上がります。

無意識にへその位置が上がらない動きが出来るようになるまで、意識して練習しましょう。

サッカーのボール際の勝負ではどういう体の動きをすればいいのだろう


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。