普段の生活がサッカーのプレーに出てしまう

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

サッカーはどういうスポーツか

元日本代表選手が子供たちにサッカーを
教える様子を見てきました。

サッカーはどういうスポーツか

その一つの答えは、

いかに素早く人を助けるか

だそうです。

 

足技は自分で沢山練習すれば上手くなる。

でも一人では頭脳は鍛えられない。

頭脳が鍛えられていないと、人を助けられない。

 

特に頭を使うのは守備。

チームメイトを助けつつ、自分のマークも外さない
ポジショニング、からだの向き、声の掛け方

そういうところをしっかりと学んでおく必要が
あります。

 

そして、普段の生活でも頭脳を鍛えておく
必要があります。

 

普段の生活でも頭を使って人を助けろ

フットサルの選手は足技が上手い選手ばかり。

しかし彼らがみんなサッカーで通用するかと言うと、
こたえはNo.

サッカーとフットサルの違いは頭脳。

「小学生は普段の生活から頭を使って、
人を助ける事を考えろ

と元日本代表選手は言っていました。

中学生になってからそれをやっても遅い

とも。

 

トレセンの選考のときには

守備を見ながら、普段の生活で自分のことしか
考えていないような選手は絶対にとらない

そうです。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

普段の生活がサッカーのプレーに出てしまう” への4件のコメント

  1. いつも楽しく拝見させていただいております。
    息子ですが先日は県トレの練習に参加しました。
    周囲のことを考えてプレーしているのは、見ていて理解できるのですが、身体能力特に俊敏性がついていっていないと感じました。
    周囲を考えたベストチョイスな判断の速さも大切ですが、そもそもの俊敏性はどうやればUPするものですかね?
    アドバイス頂けると助かります。
    普段、ラダートレーニングなのはやっていますが…なかなか結果がでず。長い目でみて、気長にやるべきなのか?
    息子の所属するチームは地区では強いチーム(このブログでも選考の様子が紹介されていましたが)なので身体能力がついていかないと厳しいのがあります。

    • ぱんさん

      ご相談ありがとうございます。

      俊敏性はとても大切ですよね。
      サッカーチームではサッカーの技術は教えてくれますが、
      身体能力の上げ方をなかなかおしえてくれないのが残念です。

      とは言え私も専門家という訳ではありませんので、
      あくまでちょっとだけ詳しい程度の人の意見として
      ご参考にしていただければと思います。

      【体幹】
      ラダー等素早く動くトレーニングをするとき、
      足先に意識が集中してしまうことが有ります。

      でも、試合で俊敏性を発揮するには、
      足先だけがどんなに速く動いてもあまり効果がありません。

      体幹トレーニングはされていますでしょうか?
      重心を素早く動かすには、体幹の強さが必要です。

      体の重心は大体おへそのちょっと下ぐらいにあります。

      ラダートレーニングのメニューをおへその位置が前後左右に沢山
      動く様に工夫してみるのも良いかもしれません。

      【バランス】
      もう一つの大切な要素はバランスです。

      筋力をせっかく鍛えても、適切な方向に力を
      加えていなければ素早く動くことは出来ません。

      バランスをとる能力を鍛えるといいと思います。

      あまり意識されないことが多いのですが、
      瞬時にバランスをとるときに、じつは大胸筋など
      肩や腕を動かす筋力って大切です。

  2. さっそくお返事ありがとうございます。

    体幹も継続的にやっていますが、身体能力を成長させるのは難しいですね。バランスはチームのコーチから悪い(上半身と下半身のバランスが取れていない)と言われています。ボディーバランスもどうすればよくなるか悩んでいるところです。

    こちらでの練習内容も参考にさせて頂いていますが、成果は気長に待たないとでないものですね。

    アドバイス本当にありがとうございました。これからも楽しみに拝見させて頂きます。

    • ぱんさん

      こんにちは!

      体幹トレーニングもされているんですね。

      「普通じゃない結果を得るためには普通のことを毎日コツコツ続けることだ」と言われています。

      私の息子にとってはなかなか難しい部分ですが、ぜひお互い継続しましょう!

      バランスは、スキーやスケートなど滑るスポーツや格闘技などをすると楽しみながら鍛えられるかもしれません。

      また、私自身まだ勉強出来ていないのですが、廣戸聡一さんの4スタンス理論が気になっています。

      Foot BrainやNHKの番組にも出演されていた方です。

      もう一点気になったのですが、プレー中背中は猫背気味になっていないでしょうか?

      スクワットの正しい姿勢の様に骨盤から背中にかけてまっすぐになっていないと、素早い動きをしにくいと思います。

      熱心に取り組まれていると思います。
      俊敏性が上がったら、どんなことが効果があったか是非教えて下さいね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。