伸ばすホメ方、つぶすホメ方 「おまえは天才」はNG

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

「自分をよく見せたい」か、「学びたい」か?

まずは、スタンフォード大学での研究成果をご紹介します。

(以下引用

「固定された思考態度」は根本に「自分をよく見せたい」という欲求があるため、失敗する可能性がある挑戦を避けたがります。障害にぶつかった時のあきらめも早く、努力は実を結ばないと考えがちです。批判に対し、例えそれが有用なものであってもネガティブな意見であればフィードバックを無視してしまい、他人の成功に脅威を感じます。そして自分の能力を出し切ることができず、早い段階で能力の伸びが頭打ちの状態へと移行してしまいます。

一方「成長する思考態度」はまず「学びたい」という欲求から始まるため、挑戦を喜んで受け止め、逆境にぶち当たっても粘り強く堪えます。努力は熟達への通過点と考え、批判から学び、他人の成功からも学んだりインスピレーションを受けたりするという流れ。根本にあるのが「学びたい」という考えのため、全てを雪だるま式に吸収し、高い成功レベルへと到達できるというわけです。

(引用おわり)

子供を伸ばすホメ方は、「努力を褒める」

「固定された思考態度」「成長する思考態度」のどちらを身につけるかはホメ方に影響されることが実験で明らかに。

テスト結果のホメ方を2通り用意して、その後の影響を見るという実験。(以下引用

1つの方法は「わあ、△点も取ったの、いい点ね。あなたは頭がいいわ」というもので、もう1つは「わあ、△点も取ったの、いい点ね。よく頑張ったわ」というもの。

つまり、一方は能力を褒め、もう一方は努力を褒めたのです。

すると、能力を褒められた子どもは次に2つの問題を選択する際、難しい方の問題を避け、反対に努力を褒められた子どもたちの90%は学びの得られる難しい方の問題を選んだのです。

そして興味深いことに、その後にDweck博士らが子どもには解けないような難しい問題を与えた時、前者、つまり「固定された思考態度」のグループの子どもは自分のことを頭が悪く、才能がないと考える傾向にありました。

(引用おわり より詳しくはこちら Mindset: The New Psychology of Success

 

さて、皆さんは日頃からサッカー小僧を褒めていますか?

そして、サッカー小僧の努力を褒めていますか?

 

思いもよらないすごいプレーをしたら「おまえ天才だな〜」なんて言ってしまいそうですが、

このホメ方、NGだったんですね。

 

ホメどころを見つける簡単な方法

能力を褒めるのではなく努力を褒めれば良いというのは分かりました。

では、いつ・何を褒める?

ホメどころを見つける簡単な方法は、日頃から何を頑張っているのか知っておくことです。

スーパープレーではなくても、日頃頑張っていたところが出来たら、そこがホメどころです。

逆に、ミスにラッキーな偶然が重なってスーパープレーが生まれても、それは努力を褒める時ではないですね。

 


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。