「この練習、他の子に教えたくない」という小僧へ

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

良い練習方法を知った時「他の子に教えたくない」

我が家のサッカー小僧が、スター選手に練習を教えてもらったとき、

その練習をチームメイトに教えたくない

とつぶやきました。

 

まあ、気持ちは分かるのですが・・・

見ている世界が狭いなあと。

 

プロを目指すなら、チームメイトよりもずっと上手な子たちを相手に戦っていく。

それなのに、チームメイトとの勝負で練習方法を秘密にしたいと思っているようでは、とてもプロにはなれないでしょう。

 

勝負する相手を間違うな

日本代表を目指すなら、同学年で日本一上手い選手を目指すのとほぼ同じ。

勝負すべき相手は日本一を争うような子供たちです。

しかも大人になるまで継続してそのレベルの子と勝負です。

 

身近なライバルや目標を持つのは非常に良いことですが、

チームメイトより上手いことで満足している場合ではありません。

もっと上を見ないと。

 

そこで我が家の小僧には下のように伝えました。

 

  • 練習相手が上手くなければ自分も上手くなれない。
  •  一緒に練習する仲間は一緒に上手くなる仲間。
  • チームメイトには良い練習方法はどんどん教えろ。
  • チームメイトに良い練習方法を教えてあげなければ、自分も良い練習方法を教えてもらえない。
  • それで、もし、仲間も自分も日本一を争うレベルになったら、そこで勝負すれば良い
  • 第一、自分だけ上手くなろうとすると、サッカーがつまらなくなる

 

 

よっぽど上のレベルに行くまでは勝負の相手は自分自身。

代表レベルの人が心の底でどういう勝負をしているか、そこまでは分かりませんが。

我が家の小僧は分かってくれただろうか・・・

 


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。