インサイド側へ進行方向を変える時、敵にとられにくくするには

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

ドリブルでインサイド側へ進行方向を変える時

前回ドリブル中にインサイド側へ進行方向を変える時、

  1. 地面を押してから、ボールをおす
  2. ボールを押してから、地面を押す

のどちらかになる事を書きました。

outsidefast2 アウトサイドの方が速く運べる理由ーインサイドの場合②

敵にとられにくいのは、どちらでしょうか。

メッシの動画を見てみましょう。

答えは2番目ですね。

ボールを先に動かしてから体が動く方が敵にボールをとられにくいです。

小学生では1番目の動き方をして敵にとられる場面をよく見かけます。

 

体とボールの通り道の違いをチェック

メッシの動画でも判りますが、ボールを押してから地面を押す動きをすると、下の図のように体とボールの通り道にずれが生じるはずです。

インサイド側へ進行方向を変える時、ボールと体の通り道にズレ

 

こういう動きをチェックポイントとして見ると、上手く行かないときに修正が出来ると思います。

 

ところで、実はインサイド側へ進行方向を変えるもう一つの方法があります。

それについてはまた次回


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。