【南米流トレーニング9】キックはスウィングを小さく強く

今日もポチっとご協力ありがとうございます。(別窓が開きます)
クリックで救える命がある。

コロンビアの元プロ選手に学ぶ

我が家のサッカー小僧はコロンビアの元プロ選手にサッカーを教わる機会を得たので、南米流のトレーニングを紹介していきます。

9回目はキックについてです。

 

キックのスウィング

キックのときは、「しっかり足を踏み込んで、足をしっかり引いて、大きく振り抜く」というのが定説となっていませんか?

でも、プロの試合で流れの中でのシュートをみると、そういうキックって意外と少ないです。(フリーキックではそういうキックもみられますが)

今回我が家の小僧が教わったのは、スウィングを大きくしないこと。

特に蹴る前に大きく足を引かずに蹴る事です。

ひざから下を主に使う。そして、コンパクトに強く振る

この方がキックに要する時間が少なくて済むので、ゴールに結びつきやすいのでしょう。

慣れれば大きく振らなくても十分に強いキックが打てますので是非試してみてください。

(実際、コーチのシュートはヤバかった・・・)

 

 


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
あなたからいただくクリックがやる気の種です。(別窓が開きます)

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。